快適な住まい空間と納得の外観を手に入れよう

ベッド

ロートアイアンとは

ロートアイアンの歴史など

ロートアイアンはもともと西欧の文化として発展した。鍛鉄、錬鉄といったように訳すらしい。工業化になる以前には鉄製品の製造は手作業が基本的な製造方法であったのだとか、そしてロートアイアンはさまざまな生活用品、道具、武器、建築に生かされてきたようである。現代においても手作業での製造が基本なようでデザイン、質感その表現方法には熟練の技術と意志、理解が必要不可欠となるようである。中世に生まれたこの文化が今の時代にも生活環境に影響していると思うとその魅力に魅了された人がたくさんいるのだと思う。ロートアイアンは現在では製造に関しては合理化も行われているようであるが風合いなどに関してはそれぞれの職人にゆだねられ面白いのだ。

今後の動向などはどうなる

現在でもいろいろな場所にロートアイアンは使用されているのだ。施設建物、住宅などの門扉としてフェンスとしてその建物の顔となるべく存在感を放っているのである。その他にも階段の手すり、ベランダ、バルコニーの手すり、ドアノブ、窓のグリルとしてその多様性は数えきれないほどである。ヨーロピアンなスタイルを好む人たちそんな住宅に住んでいる人たちからすればこだわりたい相手もなのかもしれないだろう。細かいデザインと力強さが共存するこのロートアイアンを求める声はまだまだ増えていくのではないかと思われる。職人の技術とセンス次第でどういったふうにもその風貌を変化させていくこのロートアイアンのこれからを楽しも事にしよう。